RSS Feed

追求!『理想の自分』

子供と接する仕事を目指すなら

2017年10月7日

女性には子供が好きな人が多いため、将来保育士や小児科の看護師など、子供と接する仕事をしたいと思っている人が多くいます。しかし自分が抱いていた理想と現実のギャップを大きく実感しやすいのも、子供と接する仕事の特徴でもあるのです。

理想と現実とのギャップが生まれてしまう原因としては、子供と接するということについて正しく理解しているかどうかが影響しています。これらの仕事を選ぶ殆どの人は子供が好きな人ですが、子供は必ずしも大人の言うことを聞いてくれるとは限らないので、そこでまず壁にぶつかることになります。

子供は大人から見て単純に可愛らしいだけの存在ではありません。まだまだ心身共に未熟なところがある、発達途上の一人の人間なのです。中でも小児科に患者としてやってくる子供は注射や検査をすることを怖がり、泣き出してしまうことも多いので対応するのも大変です。

子供が好きというだけではできない仕事のため、あらゆる場面に対処できるような切り替えの早さや冷静な判断力など、様々な能力が要求されます。さらに子供だけではなく保護者と接する時のコミュニケーション能力も求められるため、忍耐力も必要とされるのです。

これらの点を予め知っておくことで、覚悟を決めて仕事を始めることができるため、実際に仕事を始めてから思っていた仕事と違うと思うような事柄があったとしても、理想と現実のギャップに関して折り合いをつけやすくなります。