RSS Feed

追求!『理想の自分』

理想とギャップを埋めるために

2017年9月20日

今は職業選択の自由があり、仕事に就く時は理想を胸に抱いて就きますが、実際に働き始めると、イメージしていた内容とギャップが違うといったケースが多いです。これはある意味では当たり前で、仕事内容に問題があるわけではなく、自分自身に原因があると考えた方がいいでしょう。

憧れとする内容の仕事ができるほど技術や知識が達していないことが原因で、解消するためには真面目に仕事に取り組みスキルアップするしかありません。そうして能力が高まれば任される内容も増えて、自然と理想と現実のギャップが埋まります。

しかし忍耐力が足りないと、すぐ嫌になって辞めてしまい、職場を転々とするジョブホッパーになってしまうでしょう。こうなると技術や知識が身に付かず、何時までも新人扱いで遣り甲斐のある仕事を得られはしません。

大切なのは現実を知って受け入れ、その上で理想を目指して努力を続けることです。また職業によって感じるギャップは大きく異るため、よく挙げられている代表的な事例などを参考に理想を実現するためのギャップの埋め方を学ぶことも賢い方法の一つと言えるでしょう。

努力を続ければ能力が高まり、その能力に見合った仕事が任されるように変化していくので、今は面白さを感じられなくとも、自然と楽しいと思えるようになっていきます。ギャップは自ら埋められて、努力や忍耐、自分自身を裏切りません。

またつまらないと思って仕事をするよりも、現状に面白さを見出すようにした方が良く、自らの心構えや考え方も重要です。仕事はどのようなものでも最初は難しく大変で、場合によってはつまらなく感じることもあでしょう。しかし技術が上がり、知識が増えればできる内容が増えていくので憧れが現実になります。