RSS Feed

追求!『理想の自分』

理想の看護師になりたいなら

2017年9月12日

看護師の仕事は病気や怪我の人を救える、医療の発展に役立てるなど、理想の高い内容となります。しかしながら実際に働いてみると、イメージと違う面も多く、研修の時には気付かなかったギャップを感じるといった人は多いです。

これをそのままにしておくと、違和感が残ってしまい仕事に集中できなくなるという事態にも繋がりかねません。殆どの人は働いている中で少しずつギャップが埋まっていく、もしくは気にならなくなっていくのですが、人によっては何時までも違和感が残ってしまうこともあるかもしれません。

そういった時は積極的にギャップ埋めるように意識していきましょう。代表的な方法の一つが自分の理想がどこにあるのかを明白にすることです。実際に思い描いてみると意外と形になっておらず、夢想に近い憧れであると分かるでしょう。

曖昧な理想像なのであれば、ギャップを埋めるまでもなく不必要であると納得できるので、仕事に支障をきたすこともなくなるでしょう。実際に自分がどのような看護師になりたいのか、どういう仕事を行いたいのかをはっきりとさせる、これはかなり有効な手段です。

どのような仕事でも思い描いている内容そのものであるわけがなく、少しの違いやギャップは存在しており、現実を自らの理想に近づけていくことが必要になるでしょう。理想を実現するための方法として、スキルアップや知識を蓄えるといった努力をしているのです。

不平や不満を抱えているだけでは解決せず、自ら積極的に埋めていくしかありません。努力は結果に繋がり、自分の能力として活かされるので、望みに近付けるように自らを磨くことが重要です。

No Comments Yet

You can be the first to comment!

Sorry, comments for this entry are closed at this time.